不動産 オーナーについて

オーナーチェンジ物件の購入方法

安定した家賃収入を得ることが、不動産経営を行う時の最大のテーマです。
初めて賃貸物件を購入する場合には、すぐに賃料収入が確保できるオーナーチェンジ物件が最適です。
アパートやマンションを買うときには、稼働率に注目するのがポイントです。
特に満室の物件が不動産投資には適しているので、投資用物件の情報サイトでは、稼働率に注目して物件を絞り込むのが良い方法です。
稼働率の高さと同時に運用利回りにも注目することが、割安な物件を買うための最大のテクニックです。
築10年前後の比較的新しい物件の場合には、8パーセント以上の利回りの物件を選ぶのが投資の基本です。
10パーセント以上の運用利回りを実現したいときには、築20年前後の物件を選ぶのが鉄則です。
利回りの高さにこだわってオーナーチェンジ物件を購入する以外にも、経営の継続性にも注目するべきです。
立地条件が良い物件であれば、多少建物が古くなっても高い入居率を維持しやすいので、賃貸経営には最も適しています。

Copyright© 不動産 オーナー All Rights Reserved.